お役立ちコラム│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

  • Home
  • こころセレモニーとは
  • 葬儀プラン・料金
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • 緊急対応

トップページ > お役立ちコラム > 引退の日!伝説の日本人サッカー選手、小野伸二が引退

ジョイカジノの評判

引退の日!伝説の日本人サッカー選手、小野伸二が引退



伝説的なプロフェッショナルの引退には、いつも心が痛む。何十年もの間、歴史に名を刻み、その職業に長く足跡を残してきた。今回、伝説のサッカー選手、小野伸二が26年ぶりに引退した。日曜日に行われたJリーグの浦和レッズ戦は、小野が初めて所属したクラブとのお別れ試合だった。

年齢を重ねたにもかかわらず、小野は試合中に鋭いパスを見せた。そのパスのひとつが19分、ボックスの外からのフリーキックにつながった。北海道コンサドーレ札幌のスパチョク・サラチャットとのコンビも含め、小野は試合中、ベストを尽くした。

小野は前半22分までプレーした。チームが0-2で敗れたにもかかわらず、誰もが彼のパフォーマンスに拍手を送った。この試合のポイントは勝ち負けではなく、小野との別れにある。小野の創意工夫とサッカー選手としての比類なき才能を考えれば、当然のことだ。

引退セレモニー

試合中の選手交代の際、両チームの選手がフィールド上で花形を作った。この瞬間は、小野の引退セレモニーを行うためのものだった。

セレモニーで小野は、最後の試合で22分しかプレーできなかったことを後悔していないと語った。その代わりに、小野はチームメイト、スタッフ、サポーターに深い感謝の気持ちを表した。

その代わりに、小野はチームメイト、スタッフ、サポーターに深い感謝の意を表した。

「心残りは、J1でのタイトルを自分がいるときに、その夢が実現できなかったこと、申し訳ありません。その中でJ2からJ1を経験でき、毎日楽しくサッカーをさせてもらったことは、これからの人生にとっても宝物です」と言った。

小野の元チームメイトであるロビン・ファン・ペルシーと稲本潤一がビデオメッセージを送った。また、小野はセレモニーで母親への感謝の気持ちを表した。小野は、今日、サッカー界のレジェンドにならせてくれた母親にとても感謝していると語った。

小野は最後に、プロサッカー選手としてのキャリアは終わったと語った。しかし、これからもサッカーを愛し、日本のサッカー界を応援していく。

個人史

1979年9月27日、"天才"として知られる小野は静岡県沼津市に生まれた。10人兄弟の6番目という貧しい家庭に生まれた。その才能にもかかわらず、周囲が小野のサッカーの才能に気づいたのは、彼が小学校の最終学年になってからだった。

12歳でナショナルトレーニングセンター(ナショナルトレセン)に入学。当時、小野のサッカーの才能を最初に認めてくれたのは稲本だった。それ以来、小野はセンタートレーニングに励んだ。そして1992年、初めての全国大会としてバーモントカップ第1回全日本ユースフットサル大会に出場した。

以来、小野のサッカー選手としてのキャリアはどんどん進んでいく。中学3年生の1993年、小野はU-16日本代表に選出された。その後、各年代のチームでプレーを続け、FIFA U-17世界選手権にも出場した。

プロサッカー選手としてのキャリア

小野は1998年のワールドカップで日本人最年少出場記録を樹立し、一躍全国区となった。同年、浦和レッズに入団し、翌1999年にはワールドユース選手権に出場。U-20日本代表を最終戦まで引っ張ったが、2000年のオリンピック予選で膝を負傷。

しかし、小野は日本サッカー史上最高の選手の一人として活躍し続けた。2001年にフェイエノールト・ロッテルダムに移籍すると、2002年のUEFAカップ優勝に貢献。その結果、日本人サッカー選手として初めてヨーロッパのトロフィーを獲得した。

小野は2002年と2006年のワールドカップにも出場した。両ワールドカップで日本代表として56試合に出場し、6ゴールを挙げた。その後、小野は2006年に浦和レッズに復帰した。再び浦和でプレーすると、天皇杯、日本スーパーカップ、AFCチャンピオンズリーグのタイトルを獲得した。

小野はもうプロ選手としてはプレーしていないが、これからも日本サッカーを応援し続けるだろう。私たちは、信頼できるブックメーカーでプレーすることで、日本サッカーを応援し続けることができる。信頼できるブックメーカーのスポーツベッティングプラットフォームでプレーすることで、安全性とプライバシーを確保し、大好きな日本サッカー選手を応援しましょう。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ