火葬式のメリット・デメリットは?失敗しないために把握すべきポイント│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

トップページ > お役立ちコラム > 火葬式のメリット・デメリットは?失敗しないために把握すべきポイント

お役立ちコラム

火葬式のメリット・デメリットは?失敗しないために把握すべきポイント

「火葬式のメリット・デメリットは?」といった疑問を抱えている方は少なくありません。
一般的な葬儀とは異なり、「火葬」がメインとなる火葬式は、近年選ばれることが増えつつあります。しかし、火葬式について正しく把握していない方にとっては、火葬式を選ぶべきか否かで悩んでしまうことでしょう。
そこで、今回は火葬式のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

火葬式とは

火葬式とは、お通夜や告別式などを行わず、「火葬」だけで故人を天国へと送る儀式のことです。仏教離れや核家族化、交友関係の少なさなどから、近年需要が高まってきている儀式でもあります。
一般的な葬儀のような工程はありませんが、しきたりや慣習を重視しないのであれば、火葬式だけでも故人を偲ぶことは可能です。

火葬式のメリット

火葬式にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここからは、火葬式の具体的なメリットについてご紹介します。

費用が安く済む

火葬式の大きなメリットといえるのが「費用が安い」というものです。
一般葬のように、規模が大きくなく、そのうえ参列者も少ないため、葬儀にかかる費用が比較的少なく済むのです。
実際、一般葬の場合は「宿泊費」「会食費」「返礼品」「大きな式場の費用」など、あらゆる点でお金がかかります。
しかし、火葬式の場合は、これらの費用が不要もしくは安く済むため、一般葬と比較すると数十万円~100万円ほど安く行えるのです。

参列者の対応に追われることがない

火葬式は参列者が少ないため、参列者への対応に追われることがありません。
一般葬の場合は、数十人から数百人もの参列者に対して挨拶をして回ったり、返礼品などを渡して回ったりする必要があります。ゆっくりと葬儀に参列できるわけではないため、バタバタと慌ただしく動き回ることもあるでしょう。
火葬式の場合は、こうした参列者への対応が少なく済むため、ゆっくりと故人を偲ぶことができます。

火葬式のデメリット

ここからは、火葬式のデメリットについて詳しくご紹介します。

しきたりに沿った儀式ができない

火葬式のデメリットとして、まず挙げられるのが「しきたりに沿った儀式ができない」というものです。
基本的に、火葬式は火葬のみの儀式となるため、告別式やお通夜などがありません。人によっては大半がやや物足りない葬儀と感じてしまうことがあります。
また、親戚などが「しきたり」を重視する場合は、火葬式を選ぶと反感を買うこともあるため、注意が必要です。

参列できない人がいる

火葬式は参列できる人が限られています。原則、故人の家族や近い親戚が参列者として認められます。そのため、参列を希望しているにも関わらず参列できない、という問題が発生してしまうことがあるのです。
故人に、友人や知人が多い場合は火葬式が適さない場合があります。

状況に応じて「火葬式」の検討を

今回の記事では、火葬式のメリット・デメリットについて詳しく解説しました。
火葬式は、昔から受け継がれている葬儀の一般的な形式とは異なりますが、心を込めて故人を偲ぶことはできます。また、故人の人間関係や遺族の金銭的な問題によっては、火葬式の方が適している場合も多いため、必ずしも一般葬を選ばなければならない、ということはありません。
現在、火葬式と一般葬・家族葬などで迷っている方は、今回の記事を参考にしましょう。本当に適しているのはどのような葬儀か、きちんと見極めたうえで準備を進めてください。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ