家族葬でお花を贈るには?お花の種類とマナーについて│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

トップページ > お役立ちコラム > 家族葬でお花を贈るには?お花の種類とマナーについて

お役立ちコラム

家族葬でお花を贈るには?お花の種類とマナーについて

参列する葬儀が「家族葬」の場合、お花を贈っても良いのか、どのようなマナーがあるのか、など疑問を感じる方は多いものです。
実際、一昔前と違い、家族葬を選択する遺族が増えていることから、家族葬に参列することが珍しくなくなってきました。しかし、初めて家族葬に参列する方にとっては、お花の贈り方などに関するマナーは分からないことばかりでしょう。
本ページでは、家族葬でお花を贈る際のマナーや、お花の種類についてご紹介します。

家族葬でお花を贈る前に

家族葬でお花を贈る前に、いくつか把握しておかなければならないことがあります。

・家族葬で贈れるお花は決まっている
・遺族が供花を辞退するケースがある
・家族葬に招待されていない場合は贈らない

家族葬で贈れるお花は、一般的な葬儀とは異なるため注意しなければなりません。
また、遺族は参列者に気を使わせないために、供花や香典などを辞退しているケースがあります。遺族からのお知らせをよく確認し、供花を辞退している場合は贈ってはいけません。
他にも「家族葬に招待されていない場合」も同様で、お花を贈ってしまうと遺族を困らせることになります。
お花を贈るのは参列者のみ、ということを頭に入れておきましょう。

家族葬で贈れるお花の種類

家族葬で贈れるお花の種類は、下記の通りです。

・供花
・花輪
・献花
・枕花

フラワーアレンジメントで贈ったり、スタンド花で贈ったりなど、花の種類によって適切なスタイルが異なります。また、宗教によっては贈れない花もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

家族葬でお花を贈るときのマナーについて

家族葬でお花を贈るにあたり、知っておかなければならないマナーがあります。
故人に失礼にならないためにも、次の内容を参考にしてみてください。


宛先や札名について

家族葬でお花を贈るときには、「宛先」「札名」を忘れてはいけません。きちんと喪主の名前も確認し、間違いのないようにしましょう。
また、札名では家族や組織で贈る場合には「○○一同」といった記載が適切です。

お通夜の前にお花を贈る

家族葬でお花を贈る場合、お通夜の前にお花が届くように手配することが大切です。
これは、お花を飾っておく時間が長くなる、という理由があり、事情があって遅くなってしまう場合でもお葬式前には届くようにお花を贈りましょう。

お花の金額は相場範囲内で

家族葬で贈るお花にはある程度「相場」があります。
供花の場合は1基1~2万円ほど。枕花は5,000円~1万8,000円が相場です。相場から離れすぎると、失礼になったり、遺族に気を使わせてしまうことになるため注意してください。

故人との関係性によっては「お花代」を贈る

故人との関係性によっては「お花代」を贈る必要があります。主に、親しい間柄であったり、お世話になった方であれば、お花代を贈ることがマナーです。
お花代を贈る場合は次のいずれかのシーンで贈りましょう。

・香典とは別で贈る
・香典替わりに贈る
・葬儀に参列できなかった場合に贈る

ただし、供花や香典を辞退している場合には、お花代は不要です。遺族からのお知らせを確認したうえで、お花代を渡すか否かを判断しましょう。


家族葬でお花を贈る前にマナーを知ろう

家族葬でお花を贈る場合、様々なマナーがあることを理解しなければなりません。
マナーを知らずにお花を贈ってしまうと、失礼になったり、遺族を困らせてしまう可能性があります。
本ページの内容を参考にしながら、家族葬のお花について、適切な対応をしましょう。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ