家族葬の流れについて準備や葬儀後の対応についても解説│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

トップページ > お役立ちコラム > 家族葬の流れについて準備や葬儀後の対応についても解説

お役立ちコラム

家族葬の流れについて準備や葬儀後の対応についても解説

「家族葬ってどのように進んでいくの?」「家族葬の準備は何から手を付ければいい?」など、家族葬の流れについて疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
家族葬は、一般的な葬儀とは異なる点が多いからこそ、流れについては正しく把握しておかなければなりません。
本ページでは、家族葬の具体的な流れと、準備や葬儀後の対応について解説します。

家族葬とは

家族葬とは、家族や親しい一部の友人、知人のみが参列する小規模な葬儀のことです。
一般的な葬儀とは異なり、職場関係や遠い親戚などの参列はほとんどなく、故人との関係が深い者のみが参列するのが通常です。
近年は、「参列者が少ないから」といった理由で家族葬を選ぶケースもあり、現代にマッチした葬儀形式として注目されています。

家族葬の準備について

家族葬を行うにあたり、準備しなければならないことは多いです。まずは、以下をご覧ください。

・葬儀会場の確保
・火葬場への予約
・家族葬を行うことの通達
・家族葬参列者に当日のスケジュールを共有

家族葬を行うには、「家族葬」に対応している葬儀会場をおさえ、予約する必要があります。また、同時に火葬場も予約して家族葬当日はスムーズに進められるよう手配しなければなりません。
なお、火葬場への予約に関しては、葬儀会場が代行してくれる場合が多いため、申し込みの時点で確認しておきましょう。
また、家族葬を行う場合は、「参列しない方」にも連絡をする必要があります。葬儀に参列しない場合は、葬儀前に故人と会いたいと考える方も多いものです。
事後報告ではトラブルになってしまう可能性があるため注意してください。


家族葬の流れ

家族葬は次のような流れで進んでいきます。

ご遺体の搬送

まずは、ご遺体を葬儀会場へと搬送します。 一般的には通夜当日の日中が多いですが、冷蔵施設を備えている会場では、当日前に預かってくれる場合もあります。

通夜

参列者が故人との別れを偲びます。
参列者の数は数人~十数人程度ですので、ゆっくりと故人との時間を過ごすことができます。

会食

故人の思い出話などを話しながら、会食を楽しみます。
葬儀場所によっては、会食なしであったり、軽食程度となっている場合もあるため、希望と照らし合わせながらチェックしてみてください。

告別式

通夜の翌日は告別式を行います。
僧侶にお経をあげていただき、棺に故人に宛てた手紙や故人の愛用品などを入れて、最後の時間を過ごします。
このとき、金属を含んでいるものは棺に入れられないため注意してください。

火葬

滞りなく告別式が済んだら、火葬となります。
火葬中は、参列者とコミュニケーションをとったり、軽食を食べたりして過ごします。

葬儀後の対応について

葬儀後には、参列していない方に家族葬が終了したことを報告します。弔問に足を運んでくださる方もいますので、返礼品や香典返しを準備し、お客様を迎えられるよう部屋を整えておきましょう。


家族葬の流れを理解しましょう

本ページでは、家族葬の流れについてご紹介しました。
一般的な葬儀とは異なる部分があるため、しっかりと把握したうえで家族葬を執り行うことが大切です。とくに、親族同士のトラブルを回避するためにも、「参列者以外へのお知らせ」「弔問に来てくださった方への配慮」などは徹底してください。
現在、家族葬を希望している方や、家族葬についての情報収集を行っている方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、検討してみてはいかがでしょうか。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ