死亡後手続きはどうしたらいい?一覧で見る必要な手続き│『こころセレモニー』は横浜市旭区、大和市を中心に家族葬などの葬儀を執り行います。

トップページ > お役立ちコラム > 死亡後手続きはどうしたらいい?一覧で見る必要な手続き

お役立ちコラム

死亡後手続きはどうしたらいい?一覧で見る必要な手続き

親や兄弟、子供など、大切な家族が亡くなったとき、どのような「死亡後手続き」が必要となるのか分からない…と悩む方は少なくありません。
実際、死亡後手続きは多いうえに複雑、そのうえそれぞれ時間がかかる、といったこともあり、苦手意識を感じてしまうこともあります。
そこで、今回は死亡後手続きについて、一覧でご紹介します。手続き漏れの内容、今回解説する内容を参考にしてみてください。

死亡後手続きの一覧

死亡後手続きについて、さっそくご紹介します。下記の一覧を参考にしながら手続きを進めていきましょう。

臨終後の手続き

死亡後手続きとして、まず行わなければならないのが「臨終後の手続き」です。
病院や自宅など、医師から臨終を告げられる場所は様々ですが、いずれにせよ臨終後すぐに行わなければならない手続きがあります。
まずは、臨終後の手続きについて、下記をご覧ください。

・死亡診断書を受け取る
・死亡届を提出する
・埋火葬許可申請を提出する

死亡が確認されたら、まずは「死亡診断書」を受け取ります。病院で死亡が確認された場合は、そのまま診断書の発行へと進みますので、病院で受け取ることができます。ただし、病院以外で死亡した場合は検視などの段階を踏んでから死亡診断書の発行となります。
また、「死亡届」「埋火葬許可申請」の提出も忘れてはいけません。とはいえ、それぞれ同時に提出できますので、手続きは1回で済ませることができます。

死亡後の手続き

死亡後、早めに行わなければならない手続きとして、様々なものがあります。
具体的な手続き内容については以下をご確認ください。

・年金受給停止手続き
・介護保険資格喪失届の提出
・住民票の抹消届の提出
・世帯主の変更届の提出
・雇用保険受給資格者証を返還する
・所得税準確定申告・納税を行う
・相続税の申告・納税を行う
・国民年金の死亡一時金請求する
・埋葬料請求する
・葬祭料・家族葬祭料請求する
・葬祭費請求する
・高額医療費の申請する
・遺族年金の請求する

上記は必ずしもすべての方に該当するわけではありませんので、必要な手続きを探してメモしておいてください。

相続の手続き

家族が亡くなったら、相続に関する手続きも行わなければなりません。例えば、遺言書が公正証書ではない場合、家庭裁判所にて検認してもらう必要があります。
また、相続を放棄する場合は家族が死亡後3か月以内に相続放棄の手続きを行わなければなりません。
他にも、預貯金や株式、不動産、自動車なども、必要に応じて名義変更するか、相続するなどして適切な対応をしてください。

葬儀の手続き

家族が亡くなった後、葬儀を行う場合は「具体的な内容」をすぐに決める必要があります。例えば「一般的な葬儀にするのか、家族葬にするのか」「どこの葬儀社に依頼するのか」「ご僧侶はどうするか」などを早めに決めましょう。
可能であれば、家族が亡くなる前に話し合っておくことがおすすめです。

死亡後手続きは一覧を見ながら漏れなく行いましょう

今回は死亡後手続きについて、一覧でご紹介しました。
家族が亡くなった後、済ませなければならない手続きや、やらなければいけないことが多く、慌ただしくなってしまうことが考えられます。
しかし、慌てて手続きを行うと、不備や漏れなどが発生しますので、慎重な対応が必須です。
現在、家族が亡くなった後の「死亡後手続き」について疑問を感じている方は、本ページの内容を参考にしながら適切に手続きを行ってください。

まずはお電話ください。24時間365日受付!ご相談は無料で承ります。0120-14-5560

メールでのご相談

こころセレモニーでは生前・事前のご相談も承っております。
葬儀に関してわからないことや不明な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

HOME | こころセレモニーとは | 葬儀プラン・料金 | お客様の声 | 緊急対応 | お役立ちコラム | お問い合わせ

ページの先頭へ